30代に合ったスキンケアでモッチリ肌ゲット|基礎化粧品で肌若返る

お肌を新しくする石鹸

石鹸

ピーリング石鹸は天然由来のマイルドな酸を配合し、洗顔に使用することで古くなった角質層を取り除くことができる石鹸です。ターンオーバーを正常化して肌をリフレッシュさせ、肌のくすみ・シミ・ニキビ跡などを改善します。

More Detail

年齢肌に向けたスキンケア

スキンケア

お肌の曲がり角は何歳か

20代後半から30代にかけて、女性の肌にとっては転換期となります。20代の肌は油分・水分共に豊富で新陳代謝も活発な状態ですが、30代に差し掛かると油分・水分量が減少し保湿力が衰えてしまいます。また、新陳代謝のスピードも落ちるため、ダメージを受けた肌の回復も遅くなります。そのため、20代と同じ基礎化粧品ではカバーしきれず、30代からは乾燥肌やシミが気になり始める年代と言えます。もう少し詳しく言うと、保湿力が衰えるのはセラミドを作り出す機能が衰えることが原因となっています。セラミドは細胞の間で油分や水分を挟み込み、肌に潤いを与える役割をしています。また、肌の弾力や潤いに欠かせないコラーゲンやヒアルロン酸の量も減少していきます。そのため、30代からの基礎化粧品は保湿力に重点を置くことが重要となってきます。

効果が高い保湿成分

基礎化粧品選びで注目すべき保湿成分ですが、効果が高いのはセラミドやヒアルロン酸が挙げられます。セラミドは肌の表皮部分に、ヒアルロン酸は表皮より深い真皮部分に多く存在しています。それぞれが違った部分で肌の潤いを保つ効果があるため、どちらも必要な成分と言えます。基礎化粧品に配合されるセラミドは、ヒト型セラミドや天然セラミド、合成セラミドなどいくつかの種類があります。その中で、ヒト型セラミドは人間の体内にあるセラミドと同じ構造に生成されたものであり、肌への親和性が最も高いと言えます。また、ヒアルロン酸は分子が大きいため、肌の奥深くまで浸透しにくいものです。しかし最近では分子を小さくしたヒアルロン酸を含んだ基礎化粧品も登場しており、肌への浸透力がアップしています。有効な保湿成分が豊富に配合されており、さらに浸透力が高い基礎化粧品を選ぶことがポイントと言えます。

解消しやすくなります

微笑む女性

化粧品に使われているビタミンは、より工夫されていますのでニキビの解消や予防に役立つことは、これからも変わらないといえます。ビタミンはよく知られている成分ですので、安心して使うことができますが、肌質を考慮して必要な化粧品を選ぶとよいです。

More Detail

おすすめのスキンケア

化粧品

日本酒入りの化粧水は、保湿効果が高く、乾燥対策に良いといわれています。というのも、保湿作用のあるアミノ酸が豊富に含まれているからです。また、血行を良くする作用もあるので、お手入れに使えば肌がとてもきれいになります。

More Detail

Copyright © 2016 30代に合ったスキンケアでモッチリ肌ゲット|基礎化粧品で肌若返る All Rights Reserved.